人気ブログランキング |

今月のワンポイントアドバイス   


「打点」


しばらくテニスをしていないと俗に「たまかん」が鈍るといって、ボールを打っているけどなんか変な感じがする。そんなことはありませんか?それは距離感とタイミングがずれているからです。少しずつ打点をアジャストしていくことで、ボールの飛びが良くなってきます。上手く調子を上げていきましょう。

 また、試合でも相手はこちらの苦手なコースや、様々なタイミングのボールを打ってきます。そうすると最初に調子が良かったプレーがだんだん悪くなることもあるので打点が狂わないようにしましょう。



◆コートに対してのいろいろな打点の位置での基本的な考え方

テニスというスポーツはネットとボールを入れなければいけないエリアのあるスポーツなので、ボールを打つ打点からどのようなボールが打てるのか、どのような状況になる可能性が高いのかなどの理屈がわかっているとテニスが簡単になると思うので、色々な打点による考え方を覚えておきましょう。


・打点が低い、打点が高い
…基本的に打点が高い所からはネットせずにボールを上から下に飛ばすことが出来る可能性があるので上手く打つことが 出来れば、あまりスピードを落とさずにコートに入れることが可能になります。逆に打点が低い所から打つ場合は、ボールを下から上に打ちあげ、なおかつコートに収めるためにゆっくり打つか、それ相応の回転(ブレーキ)をかける必要があるので攻撃しにくくなります。


・打点がコートの前方、打点がコートの後方

… 基本的にコートの前方から打つボールは体勢が良ければ相手の時間を奪い、角度もつけやすいのでチャンスとなります。
逆にコートの後方から打つボールは、ボールが相手のコートに行くまでに時間がかかり、角度もつけにくいのでチャンスにはなりにくくなります。


・打点がコートの外、打点がコートの真ん中
… 打点がコートの外にある場合はサイドからのストレートパスを打つことが容易になり、クロスへも角度をつけることができます。逆にコートの真ん中からは角度がつけにくくなるので選択肢が難しくなります(センターセオリー)。


 色々な打点からの考え方を理解して、相手よりもワンランク上のテニスを身につけましょう!





by megurotennis | 2020-01-27 12:34 | コーチからのワンポイントアドバイス

<< 2020年2月2日(日)男子ダ... 2020.1月24日(金)女子... >>